JNX

Japanese automotive Network eXchange

JNX活用03knowledge 03

ASPサービス

利用者は、JNXにサービス提供しているASPサービス(蓄積交換サービス)を介して、情報の授受を行うことも出来ます。
JNX上では、以下のASPサービスが提供されています。

IBMアプリケーション共通基盤(CAI: Common Application Infrastructure)サービス:日本IBM
自動車メーカーや部品メーカー等の自動車関連企業(ASP等を含む)がJNX(自動車業界標準の電子商取引ネットワーク)上で企業間電子商取引システム等を構築する際に不可欠な、認証やデータ交換等の共通機能をご提供するサービスです。
CAIを利用する事により、アプリケーション構築・運用・展開における投資の大幅な削減などのメリットを享受できます。
詳細・お問い合せ先はこちら
u-DIEX(ユーディーエックス) :トヨタデジタルクルーズ
イントラネットサービス、JNXサービスを利用して、安全かつ確実な企業間のデータ授受を実現。
・u-DIEX(汎用)、u-DIEX(情報公開)の2つのサービス
・両サービスを跨いだ授受を行う振分・変換機能(オプション)を提供
※DIEX(汎用)、D.e-Share、D.e-Express等あります。詳細は、トヨタデジタルクルーズにお問合せ下さい。
詳細・お問い合せ先はこちら
EDI Gate Way (EGW) ASPサービス:日本情報通信
企業間通信で課題となる通信プロトコル・データコード・データフォーマット・データ集配信タイミング等の差異を吸収し、単一インターフェースで異なる業種のお取引先との通信を短期間で実現します。自動車業界では、ほぼ全ての国内OEM様や多くのメガサプライヤ様との接続実績を持ち、海外通信もサポート致します。
詳細・お問い合せ先はこちら
ProcureMART(プロキュアマート) : 富士通
「ProcureMART(プロキュアマート) 」は、生産材の調達をインターネット上で実現するサービスです。さらに、企業間における製品含有化学物質の伝達業務の効率化を実現し、お客様の環境経営もご支援いたします。
詳細・お問い合せ先はこちら